看護師の転職ウォーカー

看護師の転職でキャリアアップをめざそう

看護師の中には今後のキャリアアップを考えて、転職を考えている人もいることでしょう。しかし、このご時世において、転職をするというのはなかなか勇気のいることであるかもしれません。 しかしながら、看護師として一つの病院に勤務し続けるということは、一つの科しか経験できないということになります。対人援助職においては、人を援助する幅が狭いというのは有事の際には致命的なものとなります。そのため、外来の日勤だけを経験するだけでなく、精神科の病棟やデイケア等を経験してみるのもスキルアップにつながります。勿論、精神科だけでなく、整形外科や高齢者施設等で作業療法士的な関わりをしてみるのも良い経験です。 こうしたことから、多くの科を経験し、様々なスキルを身に着けることができたなら、転職するのもそう怖いことではありません。むしろ、多くのスキルを身に着けることができたなら、転職する際には歓迎されることでしょう。 もし、現在、キャリアアップを考えているのなら、違う科に飛び込んでみましょう。看護師はどこの病院でも引く手あまたの国家資格であるので、他の医療系の職種よりも転職のリスクは低く、歓迎しやすいものでもあります。あとは行動に移せるかどうかが鍵です。